地方自治と議会の今をつかむ、明日につながる

議員NAVI:議員のためのウェブマガジン

『議員NAVI』とは?

検索

2023.08.22 議員活動

第9回 妹から剣兄へ。母から剣君へ

LINEで送る

日本大学危機管理学部教授 鈴木秀洋/協力 工藤奈美

 
【目次】(青字が今回掲載分)

 第1回 剣太からのバトン─時間は当事者の気持ちを軽くしない
 第2回 剣太事件概観─剣太誕生・事件当日・部活・被害者として
 第3回 学校・行政対応のまずさ(1)
  ─危機管理学・行政法学・被害者学の視点から

 第4回 学校・行政対応のまずさ(2)
  ─事故調査委員会・教員の処分

 【緊急特報】裁判記録は魂の記録である
 第5回 損害賠償請求事件(大分地裁)
  ─最初の闘い・地裁判決の法的位置付け

 第6回 第1回口頭弁論に臨む遺族の気持ち(大分地裁)
 第7 大分地裁口頭弁論と立証活動
 第8 遺族にとっての進行協議期日
 第9 妹から剣兄へ。母から剣君へ
 第10(予定) 証人尋問
 第11(予定) 第一審判決
 第12(予定) 損害賠償請求上訴事件
 第13(予定) 刑事告訴・検察審査会
 第14(予定) 裁判を終えて
 第15(予定) 新たなステージ(剣太はみんなの心の中に)


 令和5年8月22日は、剣太の14回目の命日である。

1 妹から剣兄へ

1

 
 剣兄のこと少し向き合ってみる。
 剣兄ごめんね……。思い出さないようにしてて、友達にも隠して、2人兄妹って言って。活動も手伝わなくて。ずっと、ずっと苦しかったよ……。
 剣兄が死んだときとてもつらくて、でもどうしていいか分からなくて。周りの人にも頼れなくて。気が狂いそうだった。「思い出さない」そうすることでなんとか日常生活を保ってたの。
 お父さんやお母さんが立ち上がって、活動始めたとき、本当は剣兄が批判されるのが嫌だった。
 そして、皆が頑張っている中で、向き合えない自分が大嫌いで、負い目を感じてた。
 自分なりに受け入れようとしてみたこともあった。誰かに相談すべきだとも思った。
 でもどう話していいか分からないし、話しているうちに自分が壊れてしまうと思ってできなかった。
 大学生のとき、同じように兄弟を亡くした人からインタビューを受けた。小学生みたいに泣きながら、言葉が何度も喉につまって途切れながら、やっと自分の思いを言えた。その人は「生きやすいように生きていいんだよ」と言ってくれて楽になった。当時はまだ難しかったけれど、26歳になった今、少しずつ自分を許せるようになった。仕方なかったんだと、かわいそうだったと思えるようになった。
 久しぶりに剣兄の写真や動画を見て、優しかった思い出が蘇った。少しほっこりしたよ。
 kenta_jiken_ph01

鈴木秀洋(日本大学危機管理学部教授)

この記事の著者

鈴木秀洋(日本大学危機管理学部教授)

日本大学大学院危機管理学研究科教授兼日本大学危機管理学部教授。元文京区子ども家庭支援センター所長、男女協働課長、危機管理課長、総務課課長補佐、特別区法務部等歴任。都道府県、市区町村での審議会委員多数。法務博士(専門職)。保育士。著書に『自治体職員のための行政救済実務ハンドブック 改訂版』(第一法規、2021年)、『行政法の羅針盤』(成文堂、2020年)、『子を、親を、児童虐待から救う』(公職研、2019年)、『虐待・ⅮⅤ・性差別・災害等から市民を守る社会的弱者にしない自治体法務』(第一法規、2021年)等。

Copyright © DAI-ICHI HOKI co.ltd. All Rights Reserved.

印刷する

今日は何の日?

2024年 525

食堂車登場(明治32年)

式辞あいさつに役立つ 出来事カレンダーはログイン後

議員NAVIお申込み

コンデス案内ページ

Q&Aでわかる 公職選挙法との付き合い方 好評発売中!

〔第3次改訂版〕地方選挙実践マニュアル 好評発売中!

自治体議員活動総覧

全国地方自治体リンク47

ページTOPへ戻る