地方自治と議会の今をつかむ、明日につながる

議員NAVI:議員のためのウェブマガジン

『議員NAVI』とは?

検索

2019.11.25 議会改革

第1回 議会をめぐる状況 ─期待と不満の交錯─

LINEで送る

慶應義塾大学大学院法務研究科客員教授 川﨑政司

連載を始めるに当たって

 地域の共同体・統治団体である地方自治体の自己決定の表現ともいえる自治立法の拡充・活性化の必要性がいわれるようになって久しい。
 この点、1990年代の半ば以降進められてきた地方分権改革などを通じた法環境の変化に伴い、自治体の自己決定の余地が拡大し、自治体による取組みの差は大きいものの、以前と比べて自治立法の状況はそれなりに変わってきているといえるだろう。
 しかしながら、条例の制定主体である議会の存在感は、なお小さいままである。
 もちろん、議会の側も、何もせずに手をこまねいて見ていたわけではない。
2000年代に入ると、積極的に議会改革や条例制定に取り組む議会が現れるようになり、それが徐々に各地の自治体に広がってきている。ただ、そこでは、理想が掲げられ、様々な取組みが行われてはいるものの、それが、必ずしも具体的な成果や議会に対する好意的な評価へと結びついていないところがある。依然として、議会に対する住民の関心はあまり高くはないのが実情である。
 その背景には、様々なことが複雑に絡んでいるといえそうだが、そもそも、自治体議会の立ち位置や役割そのものについて、十分には見定まっていないところがあり、議論の混乱なども見られる。しばしば耳にするようになった二元代表制という言葉も、意味の変質を伴いながら独り歩きをし、いつのまにか議会改革の旗印の一つとされてしまったところがある。しかし、議会の本来的な性格や機能に目を向けることなく、やみくもに、二元代表制を掲げて長との対抗ということから議会の役割や改革を強調するだけでは、十分な成果を上げ、また、それを持続的なものとしていくことは難しいのではないだろうか。議会主導による条例の制定についても、しかりである。
 ここでは、以上のことを踏まえ、議会改革の動向などに留意しつつ、自治立法における議会・議員の役割を見据えながら、議会の位置付け・役割・あり方などについて、改めて考えてみることとしたい。

バナー画像:尾瀬©ridge-SR(クリエイティブ・コモンズ・ライセンス(表示4.0国際))を改変して使用

つづきは、ログイン後に

『議員NAVI』は会員制サービスです。おためし記事の続きはログインしてご覧ください。記事やサイト内のすべてのサービスを利用するためには、会員登録(有料)が必要となります。くわしいご案内は、下記の"『議員NAVI』サービスの詳細を見る"をご覧ください。

この記事の著者

川﨑政司(慶應義塾大学大学院法務研究科客員教授)

2007年より慶應義塾大学法科大学院客員教授。専門は憲法、立法学、地方自治法など。主な著書に、『地方自治法基本解説〔第7版〕』(法学書院)、『自治体政策法務講座第1巻 総論・立法法務』(編著、ぎょうせい)、『ポイント解説「地域主権改革」関連法 自治体への影響とその対応に向けて』(第一法規)、『行政課題別 条例実務の要点』(共著、第一法規)、『事例から学ぶ「自治体公法」入門』(公職研)、『自治判例から公法を読む』(公職研)、『法を考えるヒントⅠ』『法を考えるヒントⅡ』(日本加除出版)、『法律学の基礎技法〔第2版〕』(法学書院)、『現代統治構造の動態と展望-法形成をめぐる政治と法』(編著、尚学社)、『立法学のフロンティア3 立法実践の変革』(共著、ナカニシヤ出版)、『判例から学ぶ憲法・行政法〔第4版〕』(編著、法学書院)、『行政法事典』(編著、法学書院)、『注釈 公用文用字用語辞典〔第8版〕』(新日本法規)、『ビジネス法概論』(編著、第一法規)など。その他、著書・論文多数。

Copyright © DAI-ICHI HOKI co.ltd. All Rights Reserved.

印刷する

今日は何の日?

2024年 715

三鷹事件起こる(昭和24年)

式辞あいさつに役立つ 出来事カレンダーはログイン後

議員NAVIお申込み

コンデス案内ページ

Q&Aでわかる 公職選挙法との付き合い方 好評発売中!

〔第3次改訂版〕地方選挙実践マニュアル 好評発売中!

自治体議員活動総覧

全国地方自治体リンク47

ページTOPへ戻る