地方自治と議会の今をつかむ、明日につながる

議員NAVI:議員のためのウェブマガジン

『議員NAVI』とは?

検索

特集 地域の課題を解決するデジタル化

2023.05.25 政策研究

地域通貨ネギーによるデジタル基盤の構築と新たな自治体経営

LINEで送る

深谷市産業振興部産業ブランド推進室

 1 はじめに

 深谷市は、埼玉県北部に位置する人口約14万2,000人の都市である。市の面積約137平方キロメートルのおよそ半分に当たる47.5%が田畑で、市の北側には利根川、南側には荒川が流れ、関東平野らしく平坦で肥沃な大地が広がり、本市特産の「深谷ねぎ」など農畜産物が盛んに栽培されている。地域通貨「ネギー」の名称は、この特産の深谷ねぎに由来し、言いやすさ、なじみやすさ、深谷らしさを意識してネーミングされた。
 本市出身の渋沢栄一翁が、来年2024年上期に刷新される予定の新1万円札の肖像になることが決定しているが、地域通貨ネギーについては、新紙幣の発表前に構想されたことをお伝えしておく。
 昨年秋に、関越自動車道花園IC拠点付近に三菱地所・サイモン株式会社によるアウトレットモールとキユーピー株式会社のグループ子会社による野菜の魅力を体験することのできる複合型施設が完成した。この新たな産業拠点には、年間650万人が来訪する予定であり、この新たな人の流れを効果的に捉えて、外貨の獲得を含めた産業振興にしっかりと結びつけていくことが、これからの重要な仕事である。

2 政策立案の背景

 本市の人口は、2008年の14万7,000人をピークとして減少に転じた(図1参照)。2015年に策定した「深谷市人口ビジョン」によると、およそ40年後の2060年には、現状のままだと約9万人台にまで本市の人口が減少すると推計されている。人口減少が生じるだけでなく、人口構成の高齢化が同時に進行することとなり、40年後には本市全体の約43%が65歳以上になると推計されている。
Fukayashi_zu1

図1 深谷市の将来人口推計

つづきは、ログイン後に

『議員NAVI』は会員制サービスです。おためし記事の続きはログインしてご覧ください。記事やサイト内のすべてのサービスを利用するためには、会員登録(有料)が必要となります。くわしいご案内は、下記の"『議員NAVI』サービスの詳細を見る"をご覧ください。

この記事の著者

深谷市産業振興部産業ブランド推進室

Copyright © DAI-ICHI HOKI co.ltd. All Rights Reserved.

印刷する

今日は何の日?

2024年 417

下関条約調印(明治28年)

式辞あいさつに役立つ 出来事カレンダーはログイン後

議員NAVIお申込み

コンデス案内ページ

Q&Aでわかる 公職選挙法との付き合い方 好評発売中!

〔第3次改訂版〕地方選挙実践マニュアル 好評発売中!

自治体議員活動総覧

全国地方自治体リンク47

ページTOPへ戻る