地方自治と議会の今をつかむ、明日につながる

議員NAVI:議員のためのウェブマガジン

『議員NAVI』とは?

検索

2023.05.25 政策研究

第38回 協調性(その1):統制・協調・対立・一致

LINEで送る

東京大学大学院法学政治学研究科/公共政策大学院教授 金井利之

協調関係と統制関係

 政府Aと政府Bの方針が一致している場合に、AとBとが協調関係にある、とは一概にはいえない。Aの方針にBが服従している場合もあり得るからである。このようなときは、AとBとは、AによるBに対する統制関係にあるといえる。協調関係とは、Aに対してBが服従するのではなく、あるいは、その逆でもなく、AとBとが対等であるにもかかわらず、方針が一致している状態である。対立(紛争)関係とは、AとBの方針が一致しない状態である。一致しない状態が継続できることは、AがBを統制しておらず、かつ、BがAを統制していない状態を表す。
 方針の一致という外面の現象からだけでは、両者の関係は、統制なのか協調なのか、必ずしも判然としない。第1に、両者に特段の関係がなくとも、たまたま選好や指向が一致しているだけかもしれない。この場合には無関係である。あるいは、第2に、両者の間で相互参照関係や競争関係が存在し、その結果として、相互の方針が収斂(しゅうれん)したのかもしれない。この場合には相互参照関係や競争関係が存在している。さらにいえば、両者を収斂に向かわせる何らかの構造的な力が作用しているのであろう。第3に、両者が交渉や妥協によって、方針の一致に至ったのかもしれない。通常イメージされる協調関係とは、この状態である。第4に、上記のように、統制による服従の結果として、両者の方針が一致しているのかもしれない。

つづきは、ログイン後に

『議員NAVI』は会員制サービスです。おためし記事の続きはログインしてご覧ください。記事やサイト内のすべてのサービスを利用するためには、会員登録(有料)が必要となります。くわしいご案内は、下記の"『議員NAVI』サービスの詳細を見る"をご覧ください。

金井利之(東京大学大学院法学政治学研究科/公共政策大学院教授(都市行政学・自治体行政学))

この記事の著者

金井利之(東京大学大学院法学政治学研究科/公共政策大学院教授(都市行政学・自治体行政学))

東京大学大学院法学政治学研究科/公共政策大学院教授 1967年群馬県生まれ。東京大学法学部卒業。 東京都立大学助教授、オランダ国立ライデン大学社会科学部行政学科客員研究員、東京大学助教授を経て、06年より現職。 専門は自治体行政学・行政学。主な著書に『自治制度』(2008年度公共政策学会賞受賞)、『原発と自治体』(2013年度自治体学会賞受賞)等。

Copyright © DAI-ICHI HOKI co.ltd. All Rights Reserved.

印刷する

今日は何の日?

2024年 224

堺利彦ら日本最初の社会主義政党「日本社会党」結成(明治39年)

式辞あいさつに役立つ 出来事カレンダーはログイン後

議員NAVIお申込み

コンデス案内ページ

Q&Aでわかる 公職選挙法との付き合い方 好評発売中!

〔第3次改訂版〕地方選挙実践マニュアル 好評発売中!

自治体議員活動総覧

全国地方自治体リンク47

ページTOPへ戻る