地方自治と議会の今をつかむ、明日につながる

議員NAVI:議員のためのウェブマガジン

『議員NAVI』とは?

検索

特集 最新!議会広聴の現場

2022.01.28 議会改革

住民の声を聴く──コミュニケーションツールとしての「議会だより」の歩み

LINEで送る

元山口県田布施町議会議員 高川喜彦

議会だより発行の経緯

 山口県田布施町議会が「議会だより」を発行するようになったのは、昭和59(1984)年7月20日でした。
 その年の夏の初め、町の婦人会の役員の方が当時の議長に面会するため来庁され、私は議長室へご案内しました。
 後日、議員全員協議会が開かれ、議長から「婦人会から『議会の様子や会議で決まったことを知らせてほしい。自分たちも選挙で選んだ議員さんの活動が分かれば理解や協力もできる。郡内でも町の議会のことを知る「新聞」があるそうだから』との強い要望があったので、何とか実行したい」との話があり、反対などなく、大筋「了解」で議会だよりを発行する方向に決まりました。そして、議会だよりを発行されている町の視察や研修を重ね、議員間でも協議や細部の打ち合わせ、編集委員の決定など、これからの準備が活発に行われました。
 郡内のある町に研修で訪問した際、長年議員を経験されている名士の議長さんが、貴重な話をしてくださった後で、休憩中に私たちの顔をのぞき込んで「実際、話では簡単に聞こえると思いますが、始めたらやめられんよ。あんたらできるかね」と確かめられました。私は一瞬身構えたことを覚えています。

つづきは、ログイン後に

『議員NAVI』は会員制サービスです。おためし記事の続きはログインしてご覧ください。記事やサイト内のすべてのサービスを利用するためには、会員登録(有料)が必要となります。くわしいご案内は、下記の"『議員NAVI』サービスの詳細を見る"をご覧ください。

 

高川喜彦(元山口県田布施町議会議員)

この記事の著者

高川喜彦(元山口県田布施町議会議員)

1940年生まれ。中央大学法学部卒業。高等学校教諭を経て、1983年6月に山口県田布施町議会議員に就任。1992年より10年間山口県町村議会広報研究協議会会長を務める。2017年2月議員を退任。2018年地方自治功労双光章授章。

Copyright © DAI-ICHI HOKI co.ltd. All Rights Reserved.

印刷する

今日は何の日?

2024年 715

三鷹事件起こる(昭和24年)

式辞あいさつに役立つ 出来事カレンダーはログイン後

議員NAVIお申込み

コンデス案内ページ

Q&Aでわかる 公職選挙法との付き合い方 好評発売中!

〔第3次改訂版〕地方選挙実践マニュアル 好評発売中!

自治体議員活動総覧

全国地方自治体リンク47

ページTOPへ戻る