地方自治と議会の今をつかむ、明日につながる

議員NAVI:議員のためのウェブマガジン

『議員NAVI』とは?

検索

2020.01.10 議会改革

改めて予算審査の充実を──政策サイクルの中に予算審査を位置付ける──(特集1)

LINEで送る

山梨学院大学大学院社会科学研究科長・法学部教授 江藤俊昭

本稿の課題

 本特集の目的は、予算の重要性を再確認するだけではなく、議会改革の到達点を踏まえて、議会の監視・政策提言力のパワーアップに資するための予算審査のあり方を探ることにある。今回の議会による予算審査の充実をめぐる特集の前に、決算審査の特集が本ウェブマガジンで行われたのは、単にその特集の時期が決算審査時期に近かったことだけが理由ではないだろう。本稿で強調するように、決算審査・認定(不認定)を踏まえた予算審査が求められているからである。この視点を常に強調しておきたい。本特集のテーマである予算についての様々な実践の紹介や課題は、次回以降の論稿に委ねられる。今回は、結論を先取りする以下のことを強調する。
 ①予算過程の変化を読み解く。住民や議会が蚊帳の外に置かれていたが、それへの変化が生じていること、また議会からの政策サイクルが作動し始めたことを踏まえ、財務過程にかかわる重要性を確認する。
 ②財務過程をめぐる位相を意識する。決算から予算という連続性を意識するとともに、同時期には前年の決算過程、今年度の執行されている予算、来年度の予算編成、という三つの層が同時に進行していることの認識である。このことによって、重要な補正予算審査にも対応できる。
 ③議会は財務過程、予算過程にかかわる権限、その手法を模索する。地方自治法(以下「自治法」という)上の権限とともに、従来の予算過程が「取り引き」に活用されていたこと、その打開の方途として、議会がかかわることの重要性と模索されている手法について確認する。
 ④議会として予算過程にかかわる道具を開発する。決算審査の際の道具の活用とともに、予算審査の際に特に重要な道具を指摘する。

 * 今回は予算審査であるが、決算と連動させて予算審査を行うことを強調している。「決算審査の充実」を論述した江藤 2019bを参照してほしい。
 * 予算は、一般会計、特別会計(企業会計を含む)を一括して議論している。本予算や補正予算は予算過程として理解する。本稿では、紙数の都合上、基本的用語等について不可欠なもの以外は説明していない。予算の基礎知識については、小西 2018、及び議会・議員の立場からのものは、新川 2018−2019を参照していただきたい。

つづきは、ログイン後に

『議員NAVI』は会員制サービスです。おためし記事の続きはログインしてご覧ください。記事やサイト内のすべてのサービスを利用するためには、会員登録(有料)が必要となります。くわしいご案内は、下記の"『議員NAVI』サービスの詳細を見る"をご覧ください。

江藤俊昭(山梨学院大学大学院社会科学研究科長・法学部教授)

この記事の著者

江藤俊昭(山梨学院大学大学院社会科学研究科長・法学部教授)

山梨学院大学大学院研究科長・法学部教授博士(政治学、中央大学)。 1956年東京都生まれ。1986(昭和61)年中央大学大学院法学研究科博士後期課程満期退学。専攻は地域政治論。 三重県議会議会改革諮問会議会長、鳥取県智頭町行財政改革審議会会長、第29次・第30次地方制度調査会委員等を歴任。現在、マニフェスト大賞審査委員、議会サポーター・アドバイザー(栗山町、芽室町、滝沢市、山陽小野田市)、地方自治研究機構評議委員など。 主な著書に、『続 自治体議会学』(仮タイトル)(ぎょうせい(近刊))『自治体議会の政策サイクル』(編著、公人の友社)『Q&A 地方議会改革の最前線』(編著、学陽書房、2015年)『自治体議会学』(ぎょうせい、2012年)等多数。現在『ガバナンス』(ぎょうせい刊)連載中。

Copyright © DAI-ICHI HOKI co.ltd. All Rights Reserved.

印刷する

今日は何の日?

2024年 715

三鷹事件起こる(昭和24年)

式辞あいさつに役立つ 出来事カレンダーはログイン後

議員NAVIお申込み

コンデス案内ページ

Q&Aでわかる 公職選挙法との付き合い方 好評発売中!

〔第3次改訂版〕地方選挙実践マニュアル 好評発売中!

自治体議員活動総覧

全国地方自治体リンク47

ページTOPへ戻る