地方自治と議会の今をつかむ、明日につながる

議員NAVI:議員のためのウェブマガジン

『議員NAVI』とは?

検索

2024.04.25

第12回 火事を出したら損害賠償責任があるか

LINEで送る

弁護士 千葉貴仁

Q火事を出したら損害賠償責任があるか。

A

 失火をした場合、賠償責任があるかどうかは、「民法」と「失火ノ責任ニ関スル法律」(以下「失火責任法」という)の両面から考えなければならない。

1 民法上の責任
 民法では賠償責任について、次のとおり規定している。

(不法行為による損害賠償)
 第709条 故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う。

 故意とは、ある行為から一定の結果が生ずることを認識しながらあえてその行為をした場合で、放火などがこれに当たる。
 過失には、軽過失と重過失がある。軽過失はごく軽い程度の注意を欠いたものであり、重過失とは、当然なすべきことを要求される注意(善良なる管理者の注意)を著しく欠いたことをいう。
 民法上だけを見ると、軽過失・重過失を問わないので、軽過失であっても、他人の権利を侵害した場合は賠償責任がある。

つづきは、ログイン後に

『議員NAVI』は会員制サービスです。おためし記事の続きはログインしてご覧ください。記事やサイト内のすべてのサービスを利用するためには、会員登録(有料)が必要となります。くわしいご案内は、下記の"『議員NAVI』サービスの詳細を見る"をご覧ください。

この記事の著者

千葉貴仁(弁護士)

Copyright © DAI-ICHI HOKI co.ltd. All Rights Reserved.

印刷する

今日は何の日?

2024年 715

三鷹事件起こる(昭和24年)

式辞あいさつに役立つ 出来事カレンダーはログイン後

議員NAVIお申込み

コンデス案内ページ

Q&Aでわかる 公職選挙法との付き合い方 好評発売中!

〔第3次改訂版〕地方選挙実践マニュアル 好評発売中!

自治体議員活動総覧

全国地方自治体リンク47

ページTOPへ戻る