地方自治と議会の今をつかむ、明日につながる

議員NAVI:議員のためのウェブマガジン

『議員NAVI』とは?

検索

2024.02.26 仕事術

第16回 どうする予算②

LINEで送る

元所沢市議会議員 木田 弥

 前回は、いかに自らの政策を予算化するかについて、予算の増額修正という方法や、地道に執行部に対して提案して実現する方法までを確認しました。
 今回からは、執行部から提案された、議員として政策的に納得できない予算項目を減額修正する、若しくは附帯決議を付す方法を検討します。
 地方議会は、制度としては、何かを執行部にさせるより、何かをさせない方がより手がけやすくなっています。なぜなら、議会には予算修正権はありますが、提案権がないからです。とはいっても、いきなり減額修正に取り組むのはハードルが高いので、まずは、減額修正に必要となる予算書や附属資料の基本的な読み解き方を確認します。
 私も、初めての予算審査では、いきなり分厚い予算書を渡されて、どうしたものかと思案に暮れたものでした。

 

つづきは、ログイン後に

『議員NAVI』は会員制サービスです。おためし記事の続きはログインしてご覧ください。記事やサイト内のすべてのサービスを利用するためには、会員登録(有料)が必要となります。くわしいご案内は、下記の"『議員NAVI』サービスの詳細を見る"をご覧ください。

この記事の著者

木田 弥(元所沢市議会議員)

Copyright © DAI-ICHI HOKI co.ltd. All Rights Reserved.

印刷する

今日は何の日?

2024年 525

食堂車登場(明治32年)

式辞あいさつに役立つ 出来事カレンダーはログイン後

議員NAVIお申込み

コンデス案内ページ

Q&Aでわかる 公職選挙法との付き合い方 好評発売中!

〔第3次改訂版〕地方選挙実践マニュアル 好評発売中!

自治体議員活動総覧

全国地方自治体リンク47

ページTOPへ戻る