地方自治と議会の今をつかむ、明日につながる

議員NAVI:議員のためのウェブマガジン

『議員NAVI』とは?

検索

2023.06.12 仕事術

第3回 どうする議長選①

LINEで送る

元所沢市議会議員 木田 弥

 今回は、4月当選の新人議員にとって初めての議長選、誰に入れたらいいのか。私のおすすめは最後にお伝えします。ですから最後まで読んでくださいね。その前に、そもそも議会の人事をどう考えたらよいのかを整理しておきましょう。

人事(議長選)をひとごとと考えず、積極的に関わろう

 さて、4月の統一地方選挙で当選した新人議員も会派ないしは1人会派が確定し、私の友人の新人議員などは、当選時の高揚感も消え失せ、会派や議会そのものにすでに幻滅を感じているようです。あるいは、別の友人のように、会派全員が新人議員の場合、議会のルールや仕組みがよく分からないようです。
 でも、ここからが本当の仕事の始まりです。こんな議会はおかしい、自分がルールを変えてやるという志の高い方もいるかもしれませんが、まず今の議会のルールや仕組みを徹底的に理解して、その上で次のステップに進みましょう。

つづきは、ログイン後に

『議員NAVI』は会員制サービスです。おためし記事の続きはログインしてご覧ください。記事やサイト内のすべてのサービスを利用するためには、会員登録(有料)が必要となります。くわしいご案内は、下記の"『議員NAVI』サービスの詳細を見る"をご覧ください。

この記事の著者

木田 弥(元所沢市議会議員)

Copyright © DAI-ICHI HOKI co.ltd. All Rights Reserved.

印刷する

今日は何の日?

2024年 525

食堂車登場(明治32年)

式辞あいさつに役立つ 出来事カレンダーはログイン後

議員NAVIお申込み

コンデス案内ページ

Q&Aでわかる 公職選挙法との付き合い方 好評発売中!

〔第3次改訂版〕地方選挙実践マニュアル 好評発売中!

自治体議員活動総覧

全国地方自治体リンク47

ページTOPへ戻る